アクセスランキング

2009年07月03日

お仕事その後

↓応援お願いしますー

人気ブログランキングへ


本日、以前勤めていた会社にフリーランスとして復帰

色々お言葉をいただいたのに、結果こうなって、なんだかすみません。

昔の部下にお願いされると弱いのです。

3ヶ月の限定復帰です。しかも、週3日だけ。

ちょっと個人的事情で、10月くらいまでは色々動くに動けなかったので、
9月いっぱいの契約は都合が良かったです。

頼まれて復帰した会社、さぞや仕事が余るほど景気がいいのか
と思ったら、全然違ってました。

10名以上が仕事が無い待機状態に陥っているとのこと。

エンジニアは120名程度ですから、1割近い人間が仕事の無い状況です。

正直、自分が在籍していた時には見たことが無い程ヒドイ状況です。

なんでも、給料4割カットで自宅待機のメンバもいるとか・・・

退職勧告に近いと言っている人もいました。

じゃあ、なんでわざわざ自分に仕事を?と思って聞いてみたら、
上流工程を出来る人間がいないとのこと。

なんだか皮肉なものです。

IT業界の歪んだ状況が見えてきました。

以前は、Javaの出来る3年生くらいの経験者は引っ張りだこだったのに、
今は、信じられないくらい安い値段しかつかないと言っていました。

金融系にしろ、メーカー系にしろ、大規模開発が全然無いようです。

その分、小規模の開発は増える傾向で、
上流工程のできる人間が足りなくなっているとのこと。

技術には流行り廃りがありますから、
エンジニアは、その時その時で柔軟に対応できるよう
常に勉強している必要があります。

「この世を生き延びられるのは、変化に最もよく対応できるもの」
というのはダーウィンの言葉ですが、人生常にそうありたいと思いました。

不動産の不況も叫ばれていましたが、IT業界もカナリ寒い状況のようです。


↓応援お願いしますー

人気ブログランキングへ



ラベル:IT業界 仕事
posted by autamn at 01:29| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↓応援お願いしますー 人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。